NEWS

ニュース

2018.06.22

【恩師が語る日本代表選手♯第2回 柴崎岳(ヘタフェCF)】<後編>絶対に最後まであきらめなかった柴崎少年が手にしたものとは

NEXTPREV

日本代表選手は、どのような少年時代を過ごしてきたのか。彼らの成長過程を、恩師の言葉によって振り返っていく。第2回は柴崎岳選手(ヘタフェCF)の少年時代にスポットを当てる。当時から周りを活かすプレースタイルだったという柴崎選手。小学校時代のコーチの橋本正克さんに話を伺った。

野辺地サッカースポーツ少年団(SSS)に所属していた柴崎岳選手は、4年生、5年生の時に、県大会優勝まであと一歩に迫りながら、青森県の頂点に立てないでいた。6年生の時の全日本少年サッカー大会県予選でも、決勝戦で1-4と完敗。そのたびに涙を流したが、負けず嫌いの少年はこの悔しさを糧に、さらに強くなっていく。同じ年に行われた青森県少年サッカー大会で、野辺地SSSは、奇跡的な勝ち上がりでついに初優勝を飾るのだった。

当時、監督を務めていた橋本正克さんは、今でもその大会のことをはっきりと覚えている。なかでも忘れられないのが準決勝の一戦だった。
「残り7分くらいまで、0-2で負けていたんですが、それでもみんな諦めることなく、最後まで攻めにいったんです」
すると、終了間際に立て続けに2点を奪って試合を振り出しに戻す。さらにVゴール方式の延長戦で先にゴールを奪い、3-2と見事な逆転勝利を飾った。
「やっぱり、これまでに負けてきたことが、この試合につながったんだと思います。最後まで諦めない、最後まで戦い続けるという強い気持ちが、あのチームにはあったんです」(橋本さん)

そのチームの中心は、間違いなく柴崎選手だった。当時から司令塔としてプレーしていた柴崎選手は、決してひとりでサッカーをするタイプの選手ではなかった。ずば抜けた実力を備えながらもエゴイスティックな部分はなく、チームプレーを意識する選手だったのだ。
「ひとりで打開してシュートまで持って行ける力はあったと思うんですが、彼はサッカーを知っているので、そうはしなかった。周りを使うことが本当に上手かったですね。パスの精度も群を抜いていたので、周りもここに走れば、必ずパスが出てくるという信頼感があったんです。岳を中心に、周りもレベルアップしていく。あのチームはそうした良い関係性ができていたと思います」

なかでも橋本さんが柴崎選手を評価していたのは、「絶対に周りに文句を言わないこと」だった。
「誰かが失敗しても、岳は絶対に人のせいにしなかったし、責めなかった。リーダーシップを発揮して、チームの輪を大切にすることを彼は意識していた。サッカーは足でプレーする分、ミスが起きやすいスポーツ。そのミスをどうやってカバーしていくかが大切で、岳はそのサッカーの本質を充分に理解していたんだと思います」

0-2から逆転勝ちした青森県少年サッカー大会の準決勝も、柴崎選手を中心としたチームワークこそが大きな要因だったと橋本さんは理解している。

青森県少年サッカー大会だけでなく、野辺地SSSはこの年、アクエリアスカップ、バーモントカップ県予選の3つの大会で優勝。青森県最強のチームに上り詰めたのだった。
輝かしい戦績を残すなか、チームの主軸を担っていた柴崎選手は青森県下で大きな注目を集めるようになっていた。サッカーの名門青森山田中から勧誘を受けたのも、当然の流れだった。

その後、青森山田高で1年生の時から背番号10を付けて活躍し、高校2年生の時に鹿島アントラーズとプロ契約を結ぶにまで成長。ただ、柴崎選手がそうしたキャリアを歩んでも、橋本さんにはさほど驚きはなかった。
「岳だったらなれると思っていましたから。私はそれまでにJリーガーになれるような選手を見たことはなかったですが、おそらく岳のような選手がプロになるんだろうなと勝手に思っていました。逆に岳がJリーガーになれなかったら、誰がなるんだろうと(笑)。だから、実際に鹿島に入ると聞いた時は、やっぱりそうかと。岳だったらなれると思っていましたから。私は当時、人口1万5000人程度のこの小さな町から、Jリーガーを育てたいという夢を持っていました。だから、岳がプロになった時は、岳だけでなく、私の夢も叶った瞬間でした」

もっとも橋本さんは、柴崎選手が日本代表となり、ワールドカップに出場する選手になれるとは思ってもいなかった。
「もう、夢の夢ですよ(笑)。日の丸をつけてワールドカップのメンバーに選ばれるなんて、そんなすごい夢は、さすがに見たことはありませんでした」

振り返れば、柴崎選手を指導するにあたって、特別なことをしたとは思っていない。もともと高いスキルを備えており、強いメンタリティも、頭の良さも、リーダーシップも兼ね備えていたからだ。ただ、ひとつだけ、橋本さんが柴崎選手の成長に寄与できたことがあるとすれば、やはり基本技術を徹底したことだと考えている。
「私は子どもたちを指導するうえで、インサイドが一番大切だと思っています。インサイドでトラップしてパスを出す。その精度が高ければ高いほど、上に行ける。シンプルなことですが、それが一番大事だと考え、学年に関係なく、インサイドの練習を徹底していました。今、岳のプレーを見ると、その技術が本当に高い。私が教えたことが、今の岳に少しでも役に立っていれば、それは指導者冥利に尽きますね」

ロシアの舞台でも、インサイドキックを多用し、攻撃を操る柴崎選手の姿を期待している。
「岳はスペインに行ったことが大正解だったと個人的には思っています。最高峰のリーグで揉まれる中で、スピードや身体の強さ、判断の部分など、すべてが成長した。その能力を充分に発揮してくれれば、ワールドカップでも十分に活躍できるはず。ゴールも決めてほしいですが、個人的にはインサイドキックから放たれるキラーパスと言いますか、一瞬の閃きから生まれるすごいパスを見せてほしいですね」
ワールドカップメンバーが決定したあと、橋本さんは柴崎選手に祝福メールを送り「ありがとうございます。頑張ってきます。」と返事があり、その祝福メールの御礼に柴崎選手からサイン入ユニフォームが贈られたという。
また、最後のメールには、
「自分が小さい頃の橋本さんの指導が今でも活きています。ワールドカップで活躍できるよう頑張ります」

この言葉で、すべてが報われた。橋本さんは今、「本当にありがたい」と柴崎選手との出会いに感謝している。

≫前編はこちら

\登録(無料)して、日本代表を応援しよう!/

登録済みの方はこちら

【恩師が語る日本代表選手♯第2回 柴崎岳(ヘタフェCF)】<後編>絶対に最後まであきらめなかっ...

SUPPORTING COMPANIES
CLOSE
CLOSE